月別アーカイブ: 2012年6月

KL マラソン 2012

昨日、KL市内で行われたKLマラソンのハーフの部に参加してきました。

朝3時に起床、シャワーで寝ている体を起して昨晩炊いた日本米に
TmnDesa 一休で仕入れた水戸納豆をぶっかけての朝食とポカリスェットでの
水分補給、黒にんにく、フルボ酸の補給を補給して締めに喜界島の黒砂糖を
ひと切れ口に入れて、4時に自家用車で出発。

途中、マラソンコースで有るフェデラルハイウェ‐では、ボランティアさんたちにより
Waterストップや救護センターが設置されていて、準備万端でした。

4時10分過ぎに独立広場付近の路上に車を止めて、他の大勢の参加者と共に
会場まで急ぎ足で向かうと、4時30分スタートのフルマラソン参加者が
スタートラインに並んでいました。

知り合いを探すも、余りにも多くの参加者で見つけるのは困難と判断して
スタートライン付近まで移動して選手のスタートを見送りました。

5時過ぎに少しパラパラと雨が落ちてきましたが、10分足らずでストップ。

ストレッチで体を解して、エアーサロンパスの試供品をかけてもらい準備完了。

しかし、マレーシアの何処にこんな沢山のランナーがいたの?と聞きたくなるほどの
大量のランナーが続々と会場に到着。
皆さん気合も入っているし、見た目すごく速そうに見える・・・・

5時45分にスタートタインの前の方に無理やり進んで行き、号砲を待っていたら
私の周りだけでも5人以上の日本人ランナーを発見。
日本人シニアーランナーも10人ほど見かけたので、相当な人数の日本人が参加していたんでしょうね。

6時丁度にスタート、大量の先行者に後に続いて私もスロースタート。
しかし、つま先と踵が当たるぐらいの大渋滞なので隙間を探して先行者を
掻き分けて少しでも走りやすい状態になるように努力するも、2km地点まで
この状態でした。

3km地点から、隊列も解れてきてスピードアップ…しかし、自分のペースである
6分/Kmよりもそうとう速いペースで走っているのが分かったので極力コントロールするが
ペースがなかなか落ちず。

最初のウォーターストップは先に見たフェデラルハイウェーでしたが、自分で持参した
スペシャルドリンクが有るのでパス。
マレーシア最古参の大動脈であるフェデラルハイウェーを走るのがこんなに爽快とは
思いもしなかったぐらい気持ちがいい。

その後、Jalan Maharajalela、Jalan Loke Yew を延々と走る。

6km過ぎから足が少し痺れてきた。 靴紐を締めすぎたかと考えるが、止まるほどの事もない。
10km過ぎで爽やかな夜が開ける。 11km過ぎにJalan Puduに入った頃から
少し、膝が痛くなってきたけど、これも普段と変わらない程度の痛みだが
それまではバンバン追い越していたのが、この地点からバンバン追い抜かれるようになる。
12km手前では日本から参加の元プロ野球選手の知り合いO氏にも抜かれるが
付いて行く気力なし。

I-PHONEのGPSは持参しているが、画面を見る余裕がないので、自分のペースがわからない。
途中、2時間走行のペースメーカーを発見、俄然やる気が湧いてきて一気に追い越す。

Jalan Tun Razak からJalan Bukit Bintangを走る、パビリオンの前の上り坂は意外とキツかったが
自分がオリンピック選手にでもなったかの如く気持ちの良い場所でした。
その後、KLタワー横を通り、パブの立ち並ぶJalan P Ramleeを抜け、全面にKLCCが現れた
所で左折。 いよいよ残すところ4km弱。

足の痛みは相変わらずであるが、問題にする程度でもないがフルマラソンは厳しいと自覚。
特に足裏が痛い。 靴はアディダスの高級品なので問題ないはずだが・・・

右にTuneHotelが見えたら左折して後は真っ直ぐに突き進むだけ。
途中、フルマラソンランナーと合流して、ラストスパート。
残り500mの看板を過ぎたところで更にスピードアップ。
電光掲示板のタイムを凝視したら1:58:50・・・驚いた。
考えもしなかった2時間切りが目の前にある。
更にスピードを上げて1時間59分20秒前後で無事にゴール。

途中、多数のウォーターストップが有った御陰で、喉も乾いていないほどで
大して疲れもしなかったのは不思議。
ゴール付近に居た、知り合いに記念撮影をお願いして、他のジョギングメンバーの
帰りを待つが、中々来ないのでアイシングコーナーでクールダウン。

その後、知り合いも続々と全員ゴールして、我々の初KLマラソン挑戦が幕を閉じました。

38,000人の参加者を見事にコントロールした主催者、スタッフ、ボランティアチーム、
道路封鎖を辛抱強く待っていただいた一般市民さん、本当に有難うございました。

本当に Malaysia Boleh でした。
 
来年も是非参加しますので又、宜しくお願いいたします。

日本人が出会った警察による恐喝・カツアゲ事件

昨日はマレーシア在住の知り合い仲間との月一ゴルフコンペに
出掛けて、楽しい時間を過ごしてきました。

が、朝、七時の集合時間に常連仲間のA氏・B氏が約20分遅れで到着。

途中、雷で競技中断の際に遅れた理由を聞いたら

何と、何と、何と、道中立ち寄ったガソリンスタンドで私服警官に
いちゃもんを付けられて遅れたとの事。

事件の経緯は

スタンドで気分良くガソリン補給をしているところに
私服警官と名乗る男から職務質問とパスポートの提示を求められたが
生憎、ゴルフに向かう道中なので、パスポートはホテルの金庫の中。
持ち合わせてないと告げると罰金RM2000を要求してきた。

その時、夜勤明けの制服警官がバイクにてガソリンを補給しにきたので
私服警官と名乗る男が本物の景観なのか調べてもらったが、結果は
本物の私服警官と判明。
そうこうしているうちに、第二、第三の私服警官が現れて
制服警官はいざこざに巻き込まれるのを嫌がったのか、その場から立ち去った。

途中、警察署に行って話をしようと持ちかけるが、私服警官はそのて対して
応ぜず、埒があかない。

日本人男性の内の一人が、財布ないの現金を私服警官の隙を見てRM150を残して抜き取り、
最終交渉の末、これしか持ち合わせがないということで、RM150を支払って開放されたとの事。

以前はモントキアラ周辺では検問でパスポートの提示を求められてのケースは
度々あったが、今回の場合は早朝のガソリンスタンドでしかも、私服警官で有るため、
どう考えても、業務外の職権乱用による恐喝事件としか言えないと思います。

パスポート(身分証明書)の所持は確かに義務付けられていますが、万が一この様な
状況に遭遇した際は知り合いを呼ぶか、違反切符を発行するように言ってください。
先方の身分証明書などを要求しても、それに応えるような警官はまず居ないと思います。

せっかくの楽しいゴルフコンペの前に起きた嫌な事件でしたが、彼らはそれにも負けずに
そこそこのスコアで回っていたのが救いでした。

このような事件は頻繁には無いと信じたいのですが、あるのも事実なので
皆さんもお気を付けください。

HSBC口座開設の注意点

最近メディアやWEB上で日本国内の資産を海外に移すように謳っている番組や
会社を多々見受けますが、何が得なのか今ひとつ理解できないんです。

まぁ、私の場合はマレーシア在住者なので自由に銀行口座が開設できますので
態々、HSBC銀行のプレミア会員にならずともソコソコの金利(3%強)の定期を
解説できます。

日本にHSBCの支店があった際は、MM2H用の定期預金用のお金を安全にマレーシアに
持ち込むためにHSBCのプレミア口座開設は理解できたんですがね。

確かに日本在住者で高金利の口座を開設したいのならHSBCシンガポールは
有効手段と思いますが、注意点もあることを理解しててください。

日本に住民登録している在住者はシンガポールで得た利息であっても、
基本的にその利息は課税対象になっています。

本来は銀行の利息の20%は源泉徴収で知らないうちに政府に税金として収められていますが、
海外口座の利息については源泉徴収対象ではありませんので、ご自身で雑収入として確定申告を
する必要があります。
ただし、年間の雑収入が20万円以下は課税対象外ですから、申告義務はありません。
シンガポールのHSBCプレミア口座開設の条件はS$20万(約1300万円)ですから
単純に考えても課税対象になります。

厳密に言えば、利息を日本に持ち込んだら課税対象ですので、シンガポールなどの
第三国で使用する分には日本での課税対象にはなりませんが、税務署が
注視している内容には違いありませんので要注意!!
いざ日本に資金を戻したら、税務署から追徴課税の通知が届いたでは洒落にならないですから。

(注意:この内容に誤りがございましたらご指摘ください!!)

自動車塗装してみました。

知り合いからプロトンWAJAの全塗装を依頼されましたので、
塗ってみました。

元々の状態の写真を撮り忘れたのですが、それはそれは乗るのが
恥ずかしいぐらいに塗装は剥げ、傷だらけでそこら中ボコボコでしたが
手を入れたら見事に再生し、オーナーさんもWAJA君も大喜びでした。

我ながら中々の出来だと感心しています。
所要時間:2日間  費用:RM1600なり~

自動車に関するご質問大歓迎!!

マレーシア格安ゴルフ場予約サービス

KL周辺には30以上のゴルフ場が存在するのは前日のゴルフ場地図でも
述べましたが、それら殆どのゴルフ場の網羅している予約サービスが有ります。

会員になると予約特典と割引料金特典も付いてきますので、月一以上のゴルファーなら
会員になっても十分にお得だと思います。
(会費は内容によって違いますが、私は約RM500の会員で満足しています
MM2Hビザをお持ちの方はRM430の割引価格が適用されます)

各ゴルフ場の詳細の価格などはバーナーのCLUBSをクリックして、
行きたい場所(例えばKL周辺ならSelangor)をクリックすれば
対象ゴルフ場の正規料金と割引料金表が出てきますので参考にご覧ください。

では、Let`s Enjoy Golf!!

KLゴルフ場地図

前回の地図情報の更新から少し時間が立ちましたが、
どうにかこうにか第二段のKL(クアラルンプール)ゴルフ場地図が
完成しましたので、公開いたします。
このように纏めてみると、KL周辺だけでも相当数のゴルフ場が有るのに
びっくりしました。

MM2H滞在者、駐在員、観光 などなど何かのお役に立てればと思います。

地図上の各ゴルフ場名を薄緑色の壁紙になっているゴルフ場は
AGSSGと言う、ゴルフ場予約サービスが提供しているゴルフ場です。
このサービスについては後日お知らせいたします。