カテゴリー別アーカイブ: 海を渡った日本人

『海を渡った日本人』自分で稼いだ金は全部相続したい

今回の『海を渡った日本人シリーズ』は汗水たらして頑張った財産を
ご子息に全額引き継ぎたいと普通の人が思っている思いを乗せて、マレーシアの
MM2Hビザを取得されました。

この様な事をここで書いたら国税の監視が厳しくなるかもしれませんが、
国もなぜ国民がこの様な対応を取らざるを得ないのかを真剣に考えて
税務対策を改善される事を望みます。

今回の申請者様が本当に相続税対策を当地にて実施するのかは今の所
決めかねているとの事でしたが、幸いにもご子息様は海外留学を得て
もう既に十数年間海外で住まわれていますので、相続人としての
海外滞在が5年以上には十分に該当いたします。

よって、被相続人側の条件を満たすために、取り敢えず、10年間の滞在許可が
格安で簡単に取得できるマレーシアのMM2Hビザを選択されたと言う事でした。

海外では182日ルールと言う明確な海外居住に関する線引きがございますが
日本はこの辺が非常にグレーゾーンで、例え一年の半分以上を海外で居住していたとしても
日本での生活の基盤が有ると判断した際には日本居住者として認定されますので
十分にご注意願います。

高額所得者様は税務相談を元国税の人などに依頼される事も多々あると思いますが、
元国税の人に高額納税者情報を渡しているのは御上だという話もよく聞きますので
数人の意見を聴くなどの対策も必要ではないかと思います。

世界中の多くに国には相続税と言う制度がなくても、立派に国として運営されているのに
なぜ日本は課税するのか不思議でなりません。

相続税を廃止した方が、税収入が上がると思うのは私だけでしょうか?

この様な情報も
        http://www.step1malaysia.com

「海を渡った日本人」、花粉症、生活習慣病、おさらば~!

今回の「海を渡った日本人」シリーズは花粉症や乾燥肌問題から逃れる理由で
マレーシアに渡ってくるためにMM2Hビザを取得された、男性のお話です。

性別 : 男(独身)
年令 : 40歳代
職業 : オンライン通信販売店経営

今回のテーマの男性は極度の花粉過敏症で、花粉の時期になると寝ていても
目・鼻に花粉が入ってくるのを感じ、何度も何度もクシャミや痒みで
目が覚め、毎日寝不足となり通常の社会生活にも支障を来すほど
悩みの種だったそうです。

また、極度な乾燥肌の持ち主で、11月~3月までは常にスキンクリームを
大量に塗布しない事には、かゆくてかゆくて仕事に集中出来ないほどに
深刻な問題を抱えていたそうです。

その様な状況も重なり、徐々に外出する機会も減っていき
人と接する事も少なくなっていく状況に危機感を覚えてたそうです。

そんな彼の職業は、インターネットを使用したオンライン通信販売店を
経営する自営業者様です。

仕事柄、日本に居住する縛りもなく、また、独身と言う身軽さで
偶然テレビで見た海外移住特番で彼の気持ちは海外移住で固まったそうです。

移住候補地の選定で、マレーシア・タイランド・フィリピン・カナダ・及び
学生時代に留学していたインドネシア、をいろんな角度から調べ上げ
最終的に、治安が良く、生活レベルも高く、インターネット環境も問題なく
申請条件のハードルもクリア出来、また、情報が色々と入手可能な
マレーシアを選ばれました。

今回の訪馬では、MM2Hビザの本申請と、居住地域の選定を目的として視察をされ
KLの素晴らしい住環境や、生活環境の選択の幅の広さ、また、医療関係の充実度に
当初検討していた、ペナン・キャメロンハイランド・JB・コタキナバルを
抑え、KL居住を決定されました。

特に住環境は、今の日本でお住まいのマンションが40m3で8万円の家賃で今回
決定された、スリハタマスのコンドは85m3で7万円、完全セキュリティー体制、
プール・ジム付きで日本よりも安く、且つ、贅沢な生活を得られる事に大興奮され、
一度日本に帰国して、荷物を纏め、次の乾燥肌が現れる冬の前にマレーシア移住
決行すると目を輝かせていました。

一点困るのが、酒代が日本より割高になるとの事で、少し頭を抱えられていましたが、
そこはStep1malaysia.comの培われた情報網を駆使して、格安ビール購入先情報を
提供する事で安心されていました。

彼の場合は独身でまた、職業もインターネットが繋がる環境が有れば
別段日本に居住する必要もなく、花粉症・乾燥肌の問題から逃れる為に
何の躊躇もなく、マレーシア居住を決定された訳ですが、、私の様に花粉症の
辛さを知らない者としては、この様な理由で海外移住を目指される方がいるのだと
認知させられたケースでした。

最後に彼が、マレーシアで現地の人との新しい出会いも楽しみで
出来れば、マレーシア人の奥さんを見つけてこの地を永住の地にできたら最高だな~
っとつぶやいていた顔が希望に満ち溢れていて物凄く印象的でした。

Yさん、これからもよろしくお願いいたします。

この様な海外移住者の体験情報や
         
マレーシア移住、ロングステイ、クアラルンプール、不動産情報、不動産投資、MM2H
遺言状作成、コンドミニアム、ゴルフ、HSBC口座開設、 などなど情報も

          http://www.step1malaysia.com

「海を渡った日本人」・・・母子教育移住、お父さん日本で頑張ってます

今日の「海を渡った日本人」シリーズは、母子教育移住を目的に
マレーシアに渡って来た、親子のお話です。

お父さん:40歳、お母さん:36歳、長女:11歳 長男:8歳の4人家族が
MM2Hビザを申し込まれたのが、約半年前の事に成ります。

MM2Hビザ取得の主目的は、マレーシアのインターナショナルスクールで
2人のお子さんを学ばせて、将来的には、英語・中国語・マレー語を
話せる、国際性豊かな大人に成長して欲しいとの事。

MM2Hビザを取得せずとも、学生ビザと保護者ビザでも滞在は可能との
説明をさせて頂きましたが、短期なら学生ビザでの滞在も良いが、長期では
更新の手間や、費用を考えると高く付くし、生活に必要な自家用車が
免税価格で購入出来る事を考慮すると、学生ビザでの滞在よりも、MM2Hビザを
取得しての滞在がよりお得との事を、既に調査済みでした。

流石、2人のお子様を海外で育てる覚悟をしているだけあって、逞しいです。

でも、残念ながらお父さんは日本での仕事を辞めてマレーシア移住を共にするのには
生活費の面でどうしても不可能との事でしたので、ご夫婦で何度も何度も話し合いを重ね
今の時期を逃すと、ずるずると先延ばしにして、最後には後悔しかねない結果に
成りかねないとの判断で、母子だけの教育移住を決断されました。

通われるインター校もご自身で何度も何校も訪問されて、最終、子供たちが
楽しく学べる環境と、予算を照らし合わせて決定されていました。

住居選びも、学校から離れると、バス代等の交通費が掛かる為、徒歩圏内で
行ける場所を最優先に探されていたそうですが、流石にそんなに都合の良い場所では
見つからなかったのですが、自動車で5分程度の場所に安い良い物件を見つけたそうです。

今後、自分たちで自立した生活を送って頂かないといけないので、極力
手を差し伸べる事を控えようと考えていましたが、私の世話など無くても
十分自分たちで一つ一つ解決する姿を見て、駐在員で至れり尽くせりで
訪馬した当時の自分と比較したら、恥ずかしく成りました・・・・

まだ小学生のお子さんと離れて暮らす事はお父さんにとっても間違いなく
辛い事だと思いますが、それ以上に娘さん、息子さんの将来を考えているのですから
立派ですね。(私も小学生の娘と離れての単身赴任の経験あり) 

収入源は今迄と変わらないのですが、2家族体制に成る為に、お父さんは実家生活で
節約して、マレーシアの母子も自炊を基本に節約生活で乗り切る計画だそうです。

文化も言葉も、生活習慣も違うマレーシアでの母子教育移住、バラ色の生活を
送るのは厳しいかもしれませんが、数年後に立派になった娘さん、息子さんを
思い描いて頑張って欲しいと応援致します。

エアーアジアのチケットを事前に押さえれば、格安でマレーシア往復が可能ですので
事前に毎月分のチケット購入するなどすれば、頻繁に来れますので、遠くて
近いとも考えられるのではないでしょうか?

Step1Malaysia.comも今後は教育移住のアシストが出来る様に体制を整えていく方針ですので
ご興味のある方は

   http://www.step1malaysia.com
まで、お問い合わせください。

また、教育移住を既にされている方が居られましたら、是非とも体験談をお聞かせ下さい。
お礼にナマコ石鹸を差し上げます(汗、笑)

この様な情報も  
        http://www.step1malaysia.com

「海を渡った日本人」 40歳投資配当で海外生活実現

「海を渡った日本人」シリーズの今回は
各種投資からの配当で海外移住を実現された40歳台、サラリーマンさんの話です。

昨年のちょうど今頃、メールでの問い合わせでMM2Hビザを申し込まれたいとの
事から彼との出会いは始まりました。

8月の初旬に本申請の為に訪馬され、その後、色々と話を伺っていたら
自分自身で現地不動産屋を探し、投資物件のコンドミニアムを既に2軒購入されて
その内の一軒は既にレンタルで貸し出されているとの事でした。
(物件の折衝、契約、ローン申し込み、全てご自身で実施)
英語はお世辞にもベラベラのレベルでは無いのですが、辞書を片手に
文書の解読に励まれ、会話もメモ帳を駆使してコミュニケーションエラーを
防ぐ努力をされていました。
ですので、本当に1~10までを自分で完結されています。

本申請時の訪馬の際には3軒目のコンドミニアムの購入を済ませるお考えでしたが
色々とお話をしている内に、購入予定でしたサイバージャヤの物件は
まだまだ投資物件としては時期早々との判断をされて、KL近郊の
KucahiLamaに将来的にご自身で居住する事を前提にプレビルドを購入されました。
この物件は私の住まいの近所なのですが、もう既に完売していたと思われていた物件を
彼は何処からか、1,900sftの物件をRM90万前後で購入されました。(脱帽)

彼の不動産選定の条件は、勿論将来的のキャピタル・インカムゲインを望める物件が
当然なのですが、それ以外に限られた資金でより多くの不動産投資を実現する為に

1.REBATE物件・・・値引き物件です
2.DIBS物件  ・・・鍵引き渡しする前までのローン金利を開発業者が支払う
3.Free S&P物件  ・・・契約書費用が無料物件
4.Free Loan Agreemant legal fee….ローン契約書費用無料物件
5.Free Stamp duty on S&P・・・契約書の印紙代無料物件

上記の特典が付いている事が購入への絶対条件で、契約書や印紙代が
無料に成るだけで、初期自己負担費用が100万円以上は少なく済みます。
また、値引き物件はただ単に値引きを期待しているのではなく、ローンを
使用する際に、値引き前の価格がローンの対象金額と成りますので
自己資金が少なくなると言う事です。
例:RM100万の物件を10%値引きで、80%の銀行融資で購入すると
自己資金はRM10万で済むと言う事と成ります。
その他の費用も一切不要なので、必要な費用は頭金だけですね。
中古物件ではこの様な事は出来ませんので、これがプレビルド投資の強みです。
(彼は決してネットに出ている様なメジャーな物件は購入しないそうです)

上記の条件を満たす事により、より少ない資金で最大限の先行投資が
可能と言うのが彼の考えでした。
(私は過去にプレビルドの購入経験が無いので、この発想すら無かった) 

購入に当たっては、全てをご自分で済ませ、私自身も驚きを隠せない程の
方だったのですが、その後も交流をして行く内に、来年度(2013年)に
退職をして、マレーシアでの生活を始めると言うではないですか!

マレーシア移住後の生活設計をお聞きすると、貯蓄、家賃配当、預金利息
投資型保険配当、パーム農園投資配当等などを元に、物価上昇率や
実際に生活で必要な費用などを事細かくシュミレーションして、自分自身で
無職で収入が無くなっても十分に他の収入で生活設計が成り立つとの目処を
立てているとの事でした。

家賃収入なども実際に得られるであろう金額の70%と控えめに計算されており
万が一の為のリスクヘッジも緻密に考えられていました。

今年に入り、マレーシアの家賃収入に関する確定申告の相談が有り、内容を
確認した所、日本でもマレーシアの収入を申告し、ウン十万円かの還付を
受けているので、マレーシアではまだまだ赤字なので税金は掛からないかもしれないが
万が一の事を考えて、正直に確定申告をするとの事でした。

マレーシアの不動産投資をして、日本国内で確定申告をして税の還付を
得られている人はどれだけいるのでしょうか? (知っている人)
彼曰く、数年後に未申告がばれて追徴課税を掛けられる可能性を残すよりも
綺麗に申告して、すっきりする法が気が楽との事での結果だったそうです。
彼が依頼された税理士さんも優秀な方なんだと思いますが、事前に彼自身で
調べて、還付がされるとの思いが有ったからこその行動だったんでしょう。

今は、今年中のマレーシア移住を実現する為に今月再訪馬されて、更なる投資物件の確認
生命保険の確認、市中銀行口座開設、自動車視察、貸し出し中のコンドの契約延長と
メンテナンス等の為に訪馬されていました。

彼に今後の投資の計画を尋ねると、これからはマレーシアに会社を設立して、
コンドの運営を会社経由にすると共に、外国人購入枠に捉われない物件の
購入を推進して、中間所得層への賃貸業務に進出して、より確実な
投資をして行きたいと言う事で、弊社に会社設立の依頼を頂きました。(あっ晴れです)
会社設立以降の法律的な内容や、ローカルとの折衝に付いては流石に厳しいと言う事で
私の所で、全て実務を請け負う事にしています。
この辺の計算も素晴らしいと思います。 費用を支払う事で、雑務から解放されて
自分自身は更なる、案件へ時間を使うのでしょう。

私自身も、自分の会社で、RM20万前後(購入当時)のコンド・アパート物件の投資を行っていますが
マレーシアに滞在された事も無い人が、その事に気が付いていると言う事に
正直、驚きを隠せませんでした。
高額物件は貸し出す人が限定されますが、RM40万以下(現在)の物件の購買・賃貸の
対象は地元の人に成りますので、人口流入がますます顕著なKLでは
転売や賃貸を考える上で実は非常に容易なのがこの価格帯の物件なのです。
しかし、反面、色々な落とし穴も有るのですが、彼はそれらの内容も驚く事に全て承知で、対処方法まで考えていました。

人との出会いは色んな事で本当に勉強に成り、この仕事を通じて私自身
成長しています。 私よりもずい分若い彼ですが、シッカリとした考えの持ち主で
尊敬もしています。 彼の経験値は多くのマレーシアに関係する方々にも参考に
成り得るかと思いますので、移住実現後にはアドバイスをして頂けるようにお願いする予定です。
(書き忘れていましたが、彼は日本の不動産鑑定士で、外資系の投資会社に勤めている投資のプロです)

私も彼の様に早く引退生活を実現したいと思いますので、
Nさん、これからもアドバイス、宜しくお願い致します。

色んな人が色んな思いでマレーシアに関係しています。

この様な生々しい体験談も
          
            http://www.step1malaysia.com

海を渡った日本人・・・Vol2

「海を渡った日本人」・・・Vol2の今回は、60歳代の年金世代のご夫婦様です。

ご夫婦揃って長年公務員を勤め上げて、定年、年金受給を得られた事で
長年思い描いていた海外での暮らしを実現するべく、MM2Hビザを取得されました。

娘さん、息子さんも立派に成長して独り立ちされた事から、MM2Hビザ収得後、即、
訪馬されて、こちらでの生活を開始されています。

1年間は日本人会でのサークル活動を中心に、今迄体験した事の無かった事項を
愉しみ、2年目以降からはマレーシアを拠点に海外旅行を楽しむご予定と聞いています。

実際に日本人会のサークルでは、麻雀、マレー語、英語。卓球、等などに毎日通い
日本人会通いが無い日にはコンドのテニスコートで他のMM2H滞在者の
コーチの元に皆さんと有意義な時間を過ごされています。

怖い怖いと言っていた自動車の運転も今ではガ-ミンをテキパキとセットして
何処へでも自分で出掛ける程に逞しく成られました。

永住は考えておらず、元気な今を精いっぱい愉しむのが目的と仰られている様に
毎日、にこやかに楽しそうにマレーシア生活をされています。

ご夫婦は幸いな事に年金で26万円/月(申請当時)有った為に、こちらでの
定期預金の義務が無かったと言う、少し珍しいパターンでしたが、生活費の
送金分で定期預金を作られた際に(1000万円程)年間、30万円程度の
利息が付き、その金額がコンドミニアムの家賃3カ月分に相当すると言う事に
気が付かれた際には非常に喜ばれていたのが印象的でした。
後3000万持って来たら、利息でマレーシアの家賃が賄えると、冗談か真剣かは
判りませんが、目を輝かせていました。

Kさんご夫妻、今後はマレーシアの温泉にでもご案内致しますので
宜しくお願い致します。

この様な「海を渡った日本人」のご紹介も
      
            http://www.step1malaysia.com

海を渡った日本人、この様な人がMM2Hを取得されました

今回から「海を渡った日本人」と題して、どの様な人がMM2Hビザを取得されたのかを
ご紹介していきたいと思います。

皆様のMM2Hビザ取得への参考にして頂ければ幸いです。

第一回目は 「中国語べらべらの40歳、自由人夫妻」です。

Aさん夫妻は中国での駐在歴が長く、北京語、広東語がお得意な40歳のご夫婦です。

今現在は得意な北京語、広東語の翻訳業務で15万円程の収入を得て、十分ではないですが
香港での自由人生活を満喫されて居ましたが、MM2Hビザの存在を知り、10年間の
滞在ビザが頂けるのなら、生活費の高い香港での居住に拘らなくても良い環境だった為
生活費を押さえられるマレーシア移住を決断されました。

単純に計算しても香港での居住費は10万円/月、マレーシアでは彼らは広東語も
流暢に話されるので、ローカルエリアに居を構え、家賃はRM1000(3万5千円)
15万円しか収入の無いご夫妻にとっては、住む場所を変えるだけで6万5千の
節約になったそうです。

また、香港の銀行に預けていた預金をマレーシアに預ける事で3.2%の金利が付き
その金利分だけでも十分家賃を補える事が出来ました。
(1500万円預けて金利48万円)

決してお金に余裕が有るご夫妻ではございませんが、蓄財は得意な様で
上海で2度購入した不動産投資で得た利益を上手に運用して、資産を増やしているそうです。

今回のMM2H取得をきっかけに、その資金を使用して、マレーシアのコンドを
購入・賃貸とマレーシアの将来性に運用を託されています。

Aさんご夫妻の仕事柄、何処に住んでも良いと言う環境が有ったからこそ出来た決断ですが、
同じ様な状況の人は他にも沢山居ていると思います。

居住地を替える事で彼らの様に節約にもなると共に、収入、資産を増やす手立てにも
役立つ事を知り、私自身、MM2Hの可能性が更に大きく膨らむと感じています。

「海を渡った日本人」まだまだ遅くは有りません、一度外に目を向けて見ましょう、
新しい未知の世界に出会える事でしょう!

この様な情報も

       http://www.step1malaysia.com