カテゴリー別アーカイブ: マレーシア基本情報

KLマラソンに見るマレーシア成長率について

昨日、KLマラソン2014が快晴の中、4万人の参加者を迎え無事に終了いたしました。

私も、フルマラソン(42.195km)に参加して、事前の周到な準備のおかげで
4時間45分で無事に完走する事が出来ました。

7月末から開始したトレーニングでしたが、対したトレーニングは行わず、
出来るだけ週一回、近所のBukit Jalil公園内の周回コースを10km走ると共に
ジャングルジョギング(Hash: http://www.ne.jp/asahi/samurai/h3/profilej.htm#hash towa)
に参加するだけの鍛錬で臨みました。

スタートは早朝4:30なので、3:30には会場入りを済ませたのですが、
6時スタートのハーフマラソン参加者なども集合して、凄い人数の人たちで、
会場は大賑わいでした。

私は常日頃、国の成長性のバロメーターとして、国民がいかにスポーツと健康に
気を使い、取り組んでいるのかと見ています。

まれーしあも2020年度の先進国入りを目標に取り組んでいますが、私はマレーシアに
住み始めた20年前は、国民のスポーツはサッカー、セパタクローが主で、バドミントンも
観戦の方が主流でした。

それが今では、KLマラソンに4万人もの人々が参加し、それ以外でもペナンマラソンや
数千人規模のマラソン大会が、そこら中で毎週のように開催されています。

私の練習場である、Bukit Jakil 公園(http://www.malaysia-traveller.com/bukit-jalil-park.html)
では、週末の夕方には老若男女、多種多様な人種の人たちが集まり、ジョギング、ウォーキング、
気功、体操、バドミントン、サッカー、フリスビーなど等を楽しむ人たちで溢れています。

それらの事は、如何にマレーシア国民が生活に余裕が出来、自分の健康を考えてスポーツで
汗を流す事を考えたり、仲間、家族で余暇を過ごしている証拠だと考えています。

日本やアメリカなどの先進国では、至極一般的な光景かもしれませんが、一般に発展途上国と
呼ばれている国々では、この様な光景を目の当たりにする事はまず無いと思います。

中国はマレーシアよりも国力や経済規模は比較に成らないほど巨大ではございますが、
スポーツを楽しむ人口の割合を言えば、マレーシアの方が断然進んでいる先進国だと思います。
この様にスポーツや健康に関心を持って取り組んでいる国民・国だからこそ、
マレーシアは8年連続海外ロングステイ希望国の一位に選ばれている所以かもしれないですね。

国の成長実態を見極める一つのバロメーターとして、皆さんもそのような目で見てみたら
面白い一面に気が付くかもしれませんよ・・・・・?

この様なマレーシア国力観察に付いても

マレーシア選挙結果・・・歴史は変わらず

昨日行われた第13回、国政選挙の結果が出ました。

今回の選挙の注目点は、55年間続いたBN率いる与党連合に代わって
PKR野党連合が政権を始めて取れるかでしたが、結果は与党連合が
以下の結果の様に勝利を収めました。
州政府レベルではペナン・セランゴール等3州では政権を野党が確保しましたが
今後も何かと遺恨を残す結果と成ったのは残念です。

マレーシア・選挙結果

BN133:89PR 

今回の選挙では大量の外国人が偽ICカードを所持しての投票や、各開票所での停電騒ぎ、投票締め切り数時間後に持ち込まれた大量の投票箱等など、普通で考えたら不正が行われているのではないかと思われる数々の謎に包まれた選挙でしたが、大きないざこざも発生せずに与党の思惑通りに勝利の祝日を迎えています。  

私はどちらかに肩入れはしていませんでしたが、刻々とSNSを通じて報告される不可解な謎に多大な疑問を抱いた今回の選挙でした。 
2020年に先進国入りを目指すのなら、国民全員が納得いくような公明正大な選挙であるべきだったと思います。 今回の選挙結果は覆る事は有りませんが、不満を暴力で訴えない国民の成長が2020年の先進国入りに相応しい国だと知らしめた皮肉な結果となりました。 本日のNajibさんの勝利宣言スピーチを楽しみに待ちましょう。 
R.I.P Democracy in Malaysia !!

 この様なマレーシア不動産投資情報や
         
マレーシア移住、ロングステイ、クアラルンプール、不動産情報、不動産投資、MM2H

遺言状作成、コンドミニアム、ゴルフ、HSBC口座開設、 などなど情報も
          http://www.step1malaysia.com

ご注意、乾期到来近し、ヘイズの季節です。

この所、街を出歩くと、雨で凸凹に成っていた道路の補修工事に
出くわす回数が増えてきました。

道路の補修工事が開始されると言う事は、間もなく雨期も終わり
本格的な乾期に突入するというシグナルでも有ります。

役所も補修しても直ぐに痛むと判っている雨期にはよっぽど
酷い状況に成らない限り、補修工事を行わないのが普通です。(利口ですね)

乾期と言えばヘイズの季節です。

ヘイズとはマレーシアやインドネシアで行われる焼畑の噴煙による
スモッグの事で、1997年度は高速道路で前の車が見えない程の
状況でしたが、ここ数年はそこまでの酷さには成っていませんが
年により状況は違いますので、気管支の弱い方や、小さなお子さんは
マスクをするなり、うがいをするなりと自己防衛を行って下さい。

中国の環境公害被害が日本で騒がれていますが、マレーシアでも原因こそ
違えども、空気汚染公害が発生していますので、お気を付けて下さい。

こんな情報も
      http://www.step1malaysia.com

マレーシアは安全か?

マレーシア移住や起業を検討している方たちから受ける質問で

「マレーシアって安全ですか?」ってのが有るのですが、
私の答えは何時も 
「基本的に安全ですが、それはご自身の気の付け方ですよ」
と伝えています。

マレーシアの現地の新聞を見ていると、それはそれは色んな事故や
事件の記事が載っていますが、だからと言って日本より危険なのかと言えば
それは違うでしょうね。
そもそも日本ではその手の犯罪を新聞で取り上げていたら電話帳の様な
分厚さの新聞になってしまい、新聞料金が10000円ぐらいになりそうですし
新聞配達のお兄ちゃんの自転車も大変です。

旅行者などを見ていて、この人危ないな、ひったくりなどの被害に遭わなければ
いいのにな・・・・などと大きなお世話な事をよく考えるのですが、

実際に被害に遭った内容を列挙すると

1.空港のチェックインカウンターで手続き中にパスポートを取ろうと
  後ろのトローリーに置いていたカバンに手を伸ばすと失くなっていた。

  これは目の届かない場所に貴重品を置いていたので泥棒には格好の餌食。
  この人は結局パスポートを再発行されるまで滞在延期をされました。

2.食事後に車に戻ったらガラスを割られてタッチ&ゴーが盗まれた。

  これも人気のない駐車場内で車内の見える場所に金品を置いていたので
  泥棒には持って行って下さいとお願いされた気持ちになったのでしょう。

  車を離れる際には例え一分でも社内に貴重品は置かない、駐車場では
  なるべく死角にならない場所に止めるです。

3.今回の例はNo2と同じ様な物なのですが、被害者が私自身なので・・・(汗)

  高速のパーキングのトイレに用を足しに2~3分車を離れたのですが
  車のドアを開けようとしたら鍵穴が壊されていた。 ドアは空いていなかったので
  被害はなかったのですが、鍵が壊されているために車に乗れない状態に・・・・
  犯人は駐車場の清掃人思い、直ぐ傍にいた数人を捕まえたのですが、道具を
  持っていたと思われる容疑者は走って逃げられました。
  
  数分と思い、車内の見える位置に小物入れ(中身は釣具)を置いていたのが
  大間違いでした。 犯人は財布とでも思ったのでしょう。

4.空き巣被害

  これも私自身の被害なのですが(偉そうなこと言って2度も被害に遭っている・・・実は)
  セキュリティーも居るコンドに帰ったら、締まっているはずの玄関が開いている・・・
  鉄格子をバールで捻って切り落とし、ドアの隙間にバールを突っ込んで扉ごと
  壊されて侵入されていました。 
  幸い、自宅には金目も物が何もなく被害はありませんでしたが、引き出しという引き出し
  が全てひっくり返されて、片付けに2日間を要しました。
  この犯人もコンド内の清掃人と私は睨んで知るのですが・・・・
  対策として、鉄格子の錠前を外に付けずに内側に付けて、尚且つ、バールなどを
  回せないようにL型のカバーを取り付けました。 
  又、扉の間にもL型の板を貼り付けて、バールが入れられないように隙間を埋めました。
  これは小さな対策ですが大きな効果を生んだと自画自賛しています。

その他沢山あるのですが、要は気を付けましょうということです。
何時何処から泥棒・犯罪者が見ているか解らないので、隙を見せないように
心がけたら、90%以上の確率で犯罪を未然に防げると思います。

安全で楽しいマレーシア生活を楽しんでください。